スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PuppyLinux on USB

今回はPuppyLinuxとUSBメモリを使って、高速起動するUSB Linuxの作り方を記載。

**必要なもの
-USBメモリ
--私は下記のものを利用
---大抵のものが使えるとは思いますが、対応OSにLinuxが明記されているのって滅多になく、なんか気分の問題だけど明記されていると安心する

Transcend USBメモリ 8GB JetFlash V10 TS8GJFV10Transcend USBメモリ 8GB JetFlash V10 TS8GJFV10

トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

-PuppyLinuxのisoファイル
--どっかからもってくる

-Syslinux
--どっかからもってくる


**作り方
-1.puppyのisoファイル の中身をUSBメモリ直下に入れる。

-2.isolinux.bin を syslinux.bin に、isolinux.cfg を syslinux.cfg に名前を変える。

-3.syslinux.cfg を編集。
--pmedhia=cd をpmedhia=usbflash に変更。

-4.syslinuxをダウンロード
--syslinux-~.zip を取得。中の win32\syslinux.exe のみusbメモリにコピー

-5.コマンドプロンプトから以下実行。(E:\はUSBのドライブ番号)
--E:\syslinux.exe -ma E:
--dir /as にて、ldlinux.sys が作成されていることを確認。

-たったこれだけで完成! あとはバイオスの設定を一番初めにUSBを見に行くように設定してusbブートをオンおわり


**注意点
-ただ、usbブートに対応していないマザボも多いらしい……要チェック


起動後の細かな設定や、使い勝手等順次記載予定。
ただ、ざっとした使い心地は取り合えず、何の苦もないほど早い!
今、USBメモリは結構安いのでデュアルブートとかが面倒or壊れるかも……という方も手軽にlinuxを試せる。

Category : Linux, ディストリetc

コメント

非公開コメント

No title

とんでもないことになりそう。
なんかFMラジオで告知することになりそう。
このサイトは?
linux、OSS関連のことを主としたPC関連の記事を、 管理人の気が向いた時にテキトーに更新するサイト

このサイト、相互リンクについて

メールフォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
全記事

全ての記事を表示する

検索
カウンター
リンク集
おすすめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。