スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomcatでの注意点

本記事ではTomcatでのWebサーバ設置に関した注意点を記載。
これは、前回、前々回に引き続き、JavaServletとTomcatを使ったWebアプリ開発に関する記事。


***windows用のtomcatが動かしてもうまくいかない場合
-windows用のtomcatはクリックしてるだけでインストール、設定ともに完了し非常に便利なのだが、それだけでは正常に動かない場合も……その際以下のことをしてみればうまくいく場合も……
--Windows用Tomcat6はデフォルトでC:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0とかにインストールされるので、その中の conf/tomcat-users.xmlを開き encoding="cp932" を encoding="utf-8" と変更


***Tomcatの競合
-現在、Tomcatが使われているソフトが多々あるため競合がしやすい(私の場合VMwareServerのTomcatと競合)。その際の対処法
--問題はポートの競合。そのため以下のポートの競合を解消してやると、複数のtomcatが共存できる
---Server port="8005" shutdown="SHUTDOWN" → 今回は9005へ
---Connector port="8009" enableLookups="false" protocol="AJP/1.3" / → 今回は9009へ
--これらはconfフォルダのserver.xmlに記載されている
---私の場合VMwareの方を編集上記のように変更し、解決


以上、続けて3回ほどJavaServletとTomcatを使ったWebアプリ開発について記載してきた。
以上で最低限の開発はできると考えられるので一旦区切り。
また、開発していて何か出てくれば追記していく。

Category : Webアプリ

コメント

非公開コメント

このサイトは?
linux、OSS関連のことを主としたPC関連の記事を、 管理人の気が向いた時にテキトーに更新するサイト

このサイト、相互リンクについて

メールフォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
全記事

全ての記事を表示する

検索
カウンター
リンク集
おすすめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。