スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS03でAndroidアプリ開発!

IS03買ってAndroidアプリ作成しだしたから、
IS03とLinuxMint(ubuntuでも同じ)を使ったAndroidアプリ開発環境整備の方法をまとめておく。
何度インストールしては、環境変わったりアンインストールしたりしたことか……。
windowsの場合は、まあLinuxよりずっと簡単だから該当部分適宜変更すれば問題なくできる。

*Androidアプリが開発できるまで

***JDK(J2SDK)のインストール
-以下のコマンドでインストール
--$ sudo apt-get install sun-java6-jdk

***Eclipseのダウンロード
-以下のサイトからダウンロード
--http://www.eclipse.org/downloads/
---私はJavaサーブレットとかも作ったりするので、『Eclipse IDE for Java EE Developers』をダウンロード
---Androidアプリだけを考えるなら『Eclipse IDE for Java Developers』で問題ないと思われ

***Eclipseのインストール
-ダウンロードしたものを適宜解凍
--tar xvzf ~.tar.gz
---私の場合~/に解凍

***Eclipseの日本語化
-以下のサイトから該当するものをダウンロード
--http://mergedoc.sourceforge.jp/
---今回の場合すでにEclipseはインストール済みだから、Pleiades 本体のみダウンロード
-ダウンロード後展開し、eclipseを解凍したフォルダに"features","plugins"を上書き
-最後にeclipse.iniファイルに下記を追記
--『-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar』
-もしかしたらeclipse.iniファイルから下記を削除する必要があるかも……
--『-showsplash』
--『org.eclipse.platform』
---じゃないと下記のエラーがeclipse起動時でるかも? 要確認
--Error occurred during initialization of VM
--agent library failed to init: instrument
-cleanオプションをつけて実行
--$ ./eclipse -clean

***Android SDKのダウンロード
-以下のサイトよりダウンロード
--http://developer.android.com/sdk/1.1_r1/index.html
-んで解凍
--私の場合下記場所に解凍
---『~/Android/android-sdk-linux_x86/』
-一応パスの設定(まあ、直接コマンドは打つことはないかも……)
--~/.bashrcに下記を追記
ANDROID_SDK_HOME=~/Android/android-sdk-linux_x86
PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_HOME/tools

***ADTのインストール
-Eclipseを起動
-ヘルプ->新規ソフトウェアのインストールを選択
-使用可能なソフトウェアサイトを選択
-サイトの追加で下記のロケーションを追加してOK
--http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
-追加したロケーションから以下の二つをチェック
--Android開発ツール
--Android Editors
-次へなどでインストール
-その後Eclipse再起動

***ADTの設定
-SDKのパス設定
--ウィンドウ->設定(P)
--Androidを選択
--SDKロケーションにSDKのパスを入れる
---私の場合~/Android/android-sdk-linux_x86(絶対パスでいれてるけど……)

***プロジェクト作成確認
-ファイル->新規->その他->android->androidプロジェクト
-[次へ]
--プロジェクト名:HelloAndroid
--パッケージ名:jp.co.hc.helloandroid
--アクティビティ名:HelloAndroid
--アプリケーション名:HelloAndroid
-完了

***アプリ起動確認
-このプロジェクトを右クリック->実行->androidアプリケーション
-エミュレータを選択して起動し、アプリ起動することを確認し、おわり~

*IS03でアプリを実行できるまで

***IS03の設定
-設定→アプリケーション→提供元不明のアプリ にチェック(いらないかも?)
-設定→アプリケーション→開発→USBデバッグ にチェック

***Linux側の設定
-LinuxだとそのままIS03をUSB接続しても認識してくれない
--WindowsだとIS03用のドライバが提供されているみたい
-接続前、Eclipse実行前に以下を実行
--adb kill-server
--sudo /home/[ユーザ名]/Android/android-sdk-linux_x86/tools/adb start-server

***USB接続
-IS03をパソに接続

***Eclipse起動
-きどう!!!

***IS03でアプリ起動!
-このプロジェクトを右クリック->実行->androidアプリケーション
-ここでエミュレータじゃなく実機を選択して起動!
-そしたら、IS03でアプリが起動する
-感動やね
-そしたら、もうIS03の方にアプリが移動しているのでいつでも実行可能

**今後
2011/3 末にはアプリをSDカードいれれるようになるから、さらにアプリ開発に柔軟性がますようになると思う
スポンサーサイト

Category : Android

このサイトは?
linux、OSS関連のことを主としたPC関連の記事を、 管理人の気が向いた時にテキトーに更新するサイト

このサイト、相互リンクについて

メールフォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
全記事

全ての記事を表示する

検索
カウンター
リンク集
おすすめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。