スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubuntu9.10リリース! LinuxMint8は?

予定通りUbuntu9.10が10/29にリリースされた模様。
いつもどおり、テキトーに書くつもりが少し長くなりそうなので少し区切りながら記載。

*Ubuntu9.10

ダウンロードはこちらよりどぞ~
-ubuntu公式サイト~
--http://www.ubuntu.com/


**Ubuntu 9.10 の目玉~クラウド!
今回の目玉は今流行りのクラウドコンピューティングへのアプローチなのかな?

-サーバ版ではUbuntu Enterprise Cloudが組み込まれていて、これは簡単に言うとプライベートクラウド構築サービス

-デスクトップ版でもUbuntu Oneっていう、オンラインストレージサービスが標準で使用できる


**クラウドコンピューティングって?
この頃クラウドって良く見るけどこれなに? ってことで、クラウドコンピューティングを非常に簡単に説明すると、
インターネット先のシステムに処理を任せるよ~っていうコンピュータ利用のスタイル
ってこと。

グーグルなんかが提供してるサービスっていうとイメージつかみやすいかも。

-メリット
--サーバー構築の手間をかけなくても使いたい時に即使える
--低コスト

-デメリット
--提供者側の用意したサービスしか使えない
--セキュリティが不安

***プライベート・クラウド?

上であげたクラウドのデメリットのため利用できない人、企業向けのクラウドみたいなもので、
各企業、人独自の小さいクラウドを浮かべ,限定したユーザーからのアクセスのみ受け付けるといった感じのもの。


**Ubuntu 9.10 の他の注目!
もちろんクラウドへのアプローチのみが注目点ではない。

-起動時間が20秒を切る?
--実際使ってみてないから分からないけど、起動時間は結構ってか非常に重要なこと。WindowsVistaがこけた大きな要因も重いからともいえるしね

-標準ファイルシステム、ext4!
--fedora11もそうだったけど、Linuxのディストリ全体が完全にext4に移行しつつあるみたい

-NXビット、エミュレーション機能!
--これによってバッファオーバーフローに対する防御性能が向上してる



リリースしたね~ってだけ書こうと思ってたら予想以上に気になる点が多くあって長くなった。
これなら久々にUbuntuで遊んでみてもいいかも。

まあ本命はこんな感じで注目点がたくさんあるUbuntu9.10をベースにするであろうLinuxMint8なんだけど……。
前も書いたけど、この頃の開発スピードからいってLinux Mint 8 は12月の上旬くらいにはでるだろう。
非常に楽しみ。
スポンサーサイト

Category : Linux, ディストリetc

CentOS5.4、リリース!

タイトルどおり、Cent OS 5.4 でたみたいです。
RHEL5.4が出てから2ヶ月と今回は少々時間がかかったみたいですね。

公式サイト~。

-CentOS
--http://www.centos.org/

アップデートしようかと思ったが、まあ、マイナアップデートということもありさほど自分にとって気になる更新はない感じ。
さらにメジャーアップデートもひかえてるし、今回はアップデートを保留。

Category : CentOS

fedora12 beta

fedora12のベータ版が出た。
相変わらず、fedoraは早くてぽんぽんでてくる。

CentOS5.4はまだでない……。もうすぐだと思うんだが?
当然CetnOS6は全然でない。

さて、学会を終わったし、fedora12ベータを試すのもありかも。

Category : PC系雑記

Ubuntu9.10 → LinuxMint8

昨日、Ubuntu9.10のベータ版がリリースされたみたい。

予定どおりだね~。このままいくと予定通り10月29日にリリースされるんだろう。
きっちりした良い仕事だね。

んで、Ubuntu9.10自体は私の場合ほんの少しさわるくらいで、
それよりもこれをベースに作られるであろう、Linux Mint 8が待ち遠しいかぎり。

これはLinux Mint 7の時の開発ペースからいって、Ubuntu9.10の約1ヵ月後くらいにでるだろうから12月のはじめくらいかな。

たぶんその頃は学会発表も終わって一息ついて中だるみしてる時期だから遊べるだろう。

Category : LinuxMint

Live Android ?

これまでDSL、PuppyLinux、TinyCoreLinuxと色々軽量Linuxを使ってきた。
もちろんどれも軽くて非常にサクサク動くのだが、若干機能的に不足を感じる。(当たり前のことだが……)
DSLはカーネルが2.4~、Puppyはファイルシステムがext2、TinyCoreは日本語化が厳しい……。

なんか良いOSないかと考えたら、Androidは携帯用だから当然軽くてOSSだから使えるんじゃね?ってことで使ってみる。
そこで本記事ではAndroidとそれをPCで使うためLiveAndroidについて軽く記載する。


*Android?
-Android(アンドロイド)は、米グーグル社(Google Inc.)が無償で提供している携帯電話機用ソフトウェア・プラットフォーム。

-Androidのソースコードはすべてが公開され、改変も自由なOSS

-Linuxの関連技術はカーネルだけに使用さ(といっても、本来Linuxとはカーネルことだから、全部使ってるといえば使ってる。そう考えるとLinuxディストリの一種かな?)


*Live Android

**LiveAndroid?
-Androidは携帯電話なんか用のOSなのでPCで使うにはどうすれば?ってことでちょっと調べてみるとLive Androidなるものがあるらしい

-Live AndroidはASUSのネットブック「Eee PC 701」用に開発されたAndroidをライブCD化して手軽に利用できるようにしたもの

-使われているLinuxのカーネルをちょっと調べてみると2.6.27の模様


**入手方法
-下記サイトから入手可能(サイト右側からダウンロード)
--live-android
--http://code.google.com/p/live-android/

---ただ少し注意が必要なのは提供されているisoファイルが2つに分割されていること。そこでフリーソフトでも、コマンドでも使って一つisoファイルに結合する必要がある

**見た目
-そして、VMwareで動かした見た目~
LiveAndroidTop

**日本語化
まあ英語でも十分だし、書かなくてもわかるとは思うが……
メニューからSettings → Locale&text → Select locale → Japaneseで日本語化~

**雑感
随時追記していくが、ちらっと触った感想

-メモリ512Mでも問題なくサクサク軽快! さすが携帯用OS

-マウスも使えるみたいだけどキーボードでほとんど事足りる
--最初とまどうのが戻るてきな操作。これはEscキー

-ネットワークはプロキシ通すとかの特殊環境じゃないかぎり、自動設定

-webブラウザとかで日本語入力ができないが、まあGoogleサジェストがあるからほぼ問題ない感じ
liveAndroidWeb

**むすび
-とりあえず、今回はこれくらいで終了
-これから順次更新していく。左にあるカテゴリのAndroidからどぞ
-これをきにAndroid用のアプリ作成とかもおもしろうそうなのでしていく予定

-Androidでこれなら、Google Chrome OS とか結構楽しみ

Category : Android

このサイトは?
linux、OSS関連のことを主としたPC関連の記事を、 管理人の気が向いた時にテキトーに更新するサイト

このサイト、相互リンクについて

メールフォーム
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
全記事

全ての記事を表示する

検索
カウンター
リンク集
おすすめ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。